サブリースを利用した不動産投資のリスクとは?

なぜ、サブリースを利用しての不動産投資は危険なのか? その理由とは? 不動産運営,トラブル,デメリット なぜ、サブリースを利用しての不動産投資は危険なのか? その理由とは?

投資金

不動産運営を検討している時に最も懸念材料になり手配するのに苦労するのが投資するお金ですが、金銭面の悩みをクリアにさせられる認識が持たれているのがサブリースです。 リスクを抱える事なく不動産購入を実現させられるように感じる制度ですが、正しく仕組みを把握しないまま軽い気持ちで手を出してしまうと、リスクを抱え込まずに物件が手配できるとは程遠い結果になったり、大きな損失を被ってしまう恐れがあります。

そのため、不動産運営に際して少しでもサブリースについて思いを巡らしているのなら、契約を結ぶ前に制度としての実情について情報を集め正確な知識を習得しておかなければなりません。

一括借上げ制度とは?
そもそも、サブリースというのは一括借上げをする事により家賃保証制度契約を指し、行われる事は不動産会社側が物件を貸し出したいと考えているオーナーから一括借上げを実行し、入居を希望している方に向けて貸し出すというものです。

物件を貸し出したいと考えている側においては、不動産運営に纏わる各種手続きや賃貸料の集金、物件管理といった業務を全て任せられます。 しかも、たとえ物件にある全てのお部屋が埋まっておらず空室が存在しているという状況下でも、一定の割合で計算されて導き出された家賃が定期的に貸主に対し支払いが行われます。

こうしたサブリースの仕組みを知ると貸主に対しては非常に魅力的でメリットしかなく見える上に、今後ますます深刻化する少子高齢化社会に対応でき、人口が少なくなっても家賃収入が減ってしまう恐れが無いと感じられるのですが、企業が深く介入するからこそのデメリットもあり予期せぬトラブルに繋がる恐れもあります。

保証料をがっぽり取られる

サブリースを正式に契約し中間に業者が介入するようになった際、毎月家賃のおよそ20%分の保証料が発生するようになるため、自分で行う不動産運営よりも収益性が著しく減少してしまいます。

一番痛いのが、新規入居希望者が入居の際に支払ってくれる敷金礼金も基本的には受け取れられないので、不動産をサブリースにすると賃貸物件を運営する事による大きな収益を得るという理想は諦めるしかありません。

大家の権利

自分自身が大家として独自で運営を行っている時は全ての権利が自分自身にあるため、入居を希望している方が現れた時たとえ空室が目立っていたとしても、貸し出しに際して不安材料がある時には契約希望を拒否できます。

サブリースでは入居者の選定や条件に関しては大家の権利が全く無くなってしまい、全ての権限は担当会社に委ねられる事になります。 入居者の選定が行えなくなるため、支払能力や物件の取り扱いに際して懸念材料があり本心としては貸し出したくないという方にも、利益を重要視して貸し出しされてしまいます。

とても人情味が小さく感じられるシステムですが、企業側としてはあくまでも利益を手にして経営を安定化させ、会社と業績を大きくさせる事を第一の目的にしているので、どのような入居者であっても契約により家賃収入が得られるのなら貸し出してしまいます。

オーナーが背負うリスクとは

もちろん、サブリースを行っている会社も一般的な企業の一つに過ぎないので常に倒産の危機はあります。サブリースを行っている会社が倒産した時に厄介なのは、倒産した後にあらゆる契約条項をオーナーが請け負う事になる点です。 全ての契約条項をオーナーが請け負う事ため、詳細に目を向けるとオーナーでさえも知らない契約が契約者との間で交わされていて、想定外の責任を負う必要に迫られトラブルに発展する事例は稀有ではありません。

さらに、契約条項はオーナーに押し付けられるような形式になるのにも関わらず、企業側が入居者から得ていた敷金については委ねられる事はないので、トラブルの原因になり得る火種のみ受け付けて良い面については恩恵に授かる事ができません。 このようなサブリースは以前に比較すると注意喚起が行われる機会が増えているものの、相変わらずトラブルに巻き込まれてしまうオーナーは少なくないのですが、問題に巻き込まれる事例が後を絶たないのは当事者でさえ気が付かずに契約締結してしまっている場合が多いためです。

オーナーの素人ぶり

契約締結をするオーナーに共通しているのは不動産運営に関してあまり精通しておらず、不動産会社の担当者が有している知識との知識差があまりに大きく、言いくるめられてしまうような格好になっています。

契約時には良い契約を結ぶ事ができたと高い充足感を抱くのですが、自分自身にとって不利に働いてしまう契約を結んでしまったと気が付くのはトラブルが生じてからです。 知識に乏しいのに異変に気が付くという事は誰の目から見ても既に大きな損失が生じている状態であるため、立ち行かなくなり権利収入が手に入るどころかその後の人生設計が狂うほどの負債を負う事例もあります。

まとめ

サブリースはできるだけ利用しないようにし、十分に納得した上で契約を考えた上での契約であれば家賃保証や賃料の改定、免責期間について特によく調べておきましょう。"

サブリース運営会社一覧

  1. 大東建託
  2. かぼちゃの馬車のスマートデイズ社(破産)
  3. エムアンドエムグラマシー(破産)
  4. エムアンドエムグラマシー(破産)
  5. 家 売る 見積もり

不動産投資

Copyright (C) 2007-2018 サブリースを利用した不動産投資 All Rights Reserved.